チームワークやマネジメント能力、リーダーシップ強化をクラウド上の360度フィードバックシステムで支援します。

何かと大変な運営を委託して頂くこと(360代行)。アウトソーシングも、低コストでお客様で運用して頂くことも、いずれでも選択可能です。

360度フィードバックとは

 「部下」や「上司」、「同僚」など周囲の方々からの回答を得て、自分自身も自己評価した上で、主に自己評価と他者評価のギャップを分析することを通じて、対象者の成長や組織力向上を図ろうとする手法です。
 多くの場合、対象者にレポートを見せたり、話し合ったりする(すなわち本人へのフィードバック)資料として利用されますので、「360度フィードバック」という名称が一般的になっています。
 行程の前半部分で多面的に行う「調査」や「評価」、「回答」の部分だけをさして「多面評価」や「360度サーベイ」、「多面観察」、「複眼評価」と呼ばれたりします。

 図式的に表現すると、「360度フィードバック」=「360度サーベイ」+「フィードバック」という感じです。

 gdl360.comは、シンプルな人事考課・人事評価システムとして、上司だけの評価や、上司と本人だけの評価としてもご利用頂けます。

360度フィードバックの主な利用目的

gdl360.com(360度評価)は様々な目的、場面でご利用いただいております。

1.経営層・管理職・マネージャー・リーダーのリーダーシップ開発、強化
2.昇進・昇格の判定資料の一つとして
3.経営理念の徹底度、浸透度を個人別、組織別にはかる手段として
4.キャリア開発やキャリア開発研修の参考資料として
5.タレントマネジメントの資料として(我が社の○○職は、どのようなタイプが多いのか)
6.全社員面談の資料の一つとして
7.プロジェクト型組織の行動評価、人事評価の材料として
8.エンゲージメントを高め、組織と個人に活力を

360度フィードバックに込めた思い

ギャップの理解、違いを埋める重要性

人は百人百様。千差万別。

違いがあることは自然である。

違いを知ることは、おおきなチャンスとなる。

自己成長のため、また周囲の力を結集するきっかけにできる。

落ち込んだり、怒ったりせずに客観的に受け止めて、成長するきっかけにしてほしい。

一人一人がリーダーシップを求められる

リーダーシップは部下を持つリーダー、すなわち管理職が発揮すべきもの。

これは今後も変わらない。でも社会の変化、技術の進化が加速する今日、

一人一人にリーダーシップが期待されている。

だから新入社員を含むすべての人に360度フィードバックを活用してほしい

運営の面倒さや不安感、コスト低減に貢献

360度フィードバックの必要性を理解しているが、設定や運営が面倒。社内だけでやると、
人事部門や経営層に自分の意見が見られてしまうか心配。

セキュリティやサーバーの設定が大変。そんなユーザーの思いを軽減できるシステムをクラウドで提供したい。

安心して本音の回答を(回答の秘匿性)

回答者は、経営者や人事部門が直接、自分の回答結果が見られるのではないか?その不安感を減少させ(回答者の安心感)、本音での回答を引き出します。

回答結果は平均値等で集約されますので、回答者と対象者の人間関係がギクシャクするようなことがないよう配慮されています。

自己認知と他者認知にはギャップがある

「自分ではやっている」つもり。でも周囲の人達からすれば、そうでもない。

そんな思いのすれ違いは、誰にでもある。

生まれ育ちも性格も様々な人達が集っている。

previous arrow
next arrow
Slider

 

 

新着情報

 

 

 

お気軽にお問い合わせください。0120-417-420受付時間 9:00-17:30 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください
PAGE TOP